医者と患者の人形

発生するメカニズム

腰部脊柱管狭窄症では、腰痛と神経症状が起こることが特長です。脳からの神経を通す腰部脊柱管の一部が変形し、脊柱を走る神経が圧迫されることにより腰部の痛みや下半身へのしびれなどの症状が引き起こされるのです。

この記事の続きを読む

心筋梗塞について

心筋梗塞を引き起こすと、命を落とす可能性があります。早期治療によって、心臓へのダメージを抑え合併症のリスクを低下させる事ができます。治療は循環器で行ないましょう。人間ドックなどで定期的に検査して、異常を発見することも重要です。

この記事の続きを読む

高齢者に多い病気

高齢者に多く発症するといわれている「脊柱管狭窄症」。発症した際は、整形外科などで適切な治療を受けるのが望ましいです。他にも、リハビリやサプリメントも併用することでさらなる効果が期待できます

この記事の続きを読む

病態による違い

肺がんは男性の死亡原因でも上位を占めるものであるため、最悪命を落としてしまう病となります。小細胞がんであれば化学療法によって治療が行われますが、非小細胞がんともなれば外科療法での摘出も行われます。

この記事の続きを読む

厄介な病

未だ多くの人の命を落とす病として、心筋梗塞と共にがんが挙げられます。がんとは、悪性新生物とも呼ばれる病であり、細胞内の遺伝子欠損により細胞の挙動が変化し、急激な自己増殖を繰り返しながら腫瘍として成長し、各種臓器や骨を圧迫し激痛や疾患を招く恐るべき病です。末期症状ともなれば成長したがんにより死に至ることもあるため、早期発見が望まれる病なのです。がんの中でもよく発病するのが肺がんであり、日頃の喫煙や空気中にたくさんのチリがある環境下での仕事などで発病するリスクが高まるとされています。肺がんにかかった場合に取られる施術として化学療法があり、抗がん剤の投与によってがんの増殖を防ぐことができます。がんの恐ろしい所は転移を繰り返すことであり、転移がんが見つかった場合、体の各所にがんの腫瘍が分散し、治療を行うことが困難となってしまうのです。一つだけのがん腫瘍であれば、放射線治療や外科療法での施術で対処することは可能です。しかし血液やリンパの流れに乗って全身にがん細胞が広がってしまった場合、一つ一つに対処していては患者の負担が大きくなるため、施術を行うことができないのです。こうした厄介な転移がんですが、現在クカが期待されている治療法として免疫療法が脚光を浴びています。がん細胞の増殖は、もともと人の免疫が抑えていたものであるため、免疫細胞の強化を行う事や、免疫細胞を欺くがん細胞独自の識別機構を排除することで、患者に負担なく転移がんを治療することができるでしょう。

高齢の人が多く罹患する病として、腰部脊柱管狭窄症が挙げられます。原因となることは明らかにされてはいないものの、長年の姿勢などによる腰部への負担が原因となり引き起こされるとされています。この病に罹ると腰部への強い痛みとともに、下半身へのしびれや排泄による不自由などの問題が発生するため、該当する症状が現れた場合、速やかに専門のクリニックに相談するといいでしょう。専門のクリニックでは、詳しい問診と検査から症状がどの病気に該当するかを見極めるため、腰部脊柱管狭窄症以外にも何らかの病気が見つかれば、すみやかに治療を行ってくれるのです。腰部脊柱管狭窄症やがんは、早期発見により重症化を防ぐことができるため、体の不調を感じた場合ネットで情報を調べ、クリニックなどで詳しく検査すると良いでしょう。